私がおすすめするがん保険

がん保険は「診断給付金があるか?ないか?またその金額」「入院日額の給付金と日数」「通院日額の給付金と日数」「どの状態の癌まで保障するのか?」 などの項目をどうするかによって大きく保険料が変わってきます。色々ながん保険が販売されていますが、どのがん保険がいざという時役に立ってまた保険料も安く済むのでしょうか?

診断給付金を重視

がん保険の選び方で解説したとおり、がん保険に関しては、長期間に及ぶ通院・先進医療などを使った際の高額な医療費の負担が最も注意しなければいけないポイントかと思います。

個人的な考えでは、診断給付金が手厚いがん保険はおすすめです。

入院に関しては、がんの症状によって思いのほか短期ですんでしまう可能性があります。これに対して、診断給付金は、がんと診断されたら給付金を受け取ることができるので、もし長期の通院治療などが必要になっても、その給付金から対応することも可能になるからです。

ただし、診断給付金は、保険会社によってどの状態のがんで給付されるかの診断基準が異なりますので加入前に約款・資料などをよく確認する必要があります。

また、診断給付金の給付に関しても1回限りなのか、●年に1回という条件で複数回可能なのか?という点はがん保険を選ぶ際に重要です。

▲ページトップへ戻る