がん保険の種類を考えてみる

がん保険にもさまざまな種類があります。 選ぶ際に注意したいのは、まずそこにおけるがんの定義です。

悪性新生物をがんと定義していれば問題ありませんが、上皮内新生物も含めている場合、過去に上皮内新生物を治療していると、加入できない、あるいは加入していても、いざというとき告知義務違反で給付されないということになってしまいます。

また、がんと診断されたときに受け取ることのできる診断給付金も、1回限りのものから2回目以降も支給されるもの、その支給条件などは、商品によってさまざまです。 このポイントも事前に確認しておくとよいでしょう。

さまざまながん保険があり、選ぶのにも迷ってしまいますが、まずは保険市場の情報もチェックしてみましょう。 実際に契約者に支持されている人気のがん保険が分かりやすく、とても参考になります。 ご自身の、またご家族のがん保険の検討に、ぜひご活用ください。

保険市場とは、上場している日本最大級の保険代理店です。この保険市場を利用する一番のメリットは、一度に複数の保険会社から一括資料請求が できるところです。普通、資料請求は各保険会社に各々請求するしなければいけませんが、保険市場ではすべての保険会社一括で資料請求することが 可能です。

▲ページトップへ戻る