がん保険単体と、死亡保険、医療保険につける「がん特約」との違い

がん保険単体には加入しないで、生命保険や医療保険に「がん保険特約」をつけてがんの保障をしている人もいます。

知っている人も多いと思いますが、「特約」とは、保険につけるオプションのようなもの。亡くなったら保険金3000万円が受け取れる生命保険に、がん特約もつけて、がんになったときには、がん保険金がいくら……といった感じで、別にがん保険に入らなくても、生命保険にがんに関する保障をつけることができるというものです。

では、死亡保障とがん保障の両方がほしい場合、「生命保険とがん保険、2つの保険に入る」のと、「生命保険に入ってそこにがん特約をつける」のとでは、なにか違いがあるでしょうか?

まず、保障内容自体は、単独の商品であれ特約であれ、それぞれの保障内容(保険金額や受け取りの条件など)があるだけのことです。もらえる保険金も、お金に違いがあるわけではありません。

単独の商品と特約との違いは、特約はあくまでもオプションにすぎないということです。

主契約を解約したら特約も消えてしまうのが最大の注意点

特約に対して、その保険の基本部分を「主契約」と言います。生命保険なら死亡保障の部分ですね。最近は生命保険の特約にはいろいろな種類がありますから、死亡保障を主契約にして、そこに医療特約、がん特約、介護特約……とさまざまな保障をプラスしていくことができます。その結果、非常に高機能な保険になります。

保険料も高くなってしまいますが、必要な保障であるなら、仕方がないでしょう。それより問題は、特約部分は主契約なしでは存在できないということなのです。

つまり、なにかの事情で、この保険を解約したいとなった場合、でもがんは心配だからがん保険の特約部分だけは残したい……という選択はできません。(逆に、特約部分だけを解約することはできます)

ですのでやむなく、特約ごと生命保険を解約して、新しくがん保険にだけ入り直す……となると、前の特約に比べると条件がよくなかった、というケースもありうるのです。

特約には、特定の病気になったら保険料を免除してもらえるとか、あくまでも主契約を補助するような内容のものもあります。そういったものはいいのですが、がん保険のように単独の商品として存在するものは、特約として入るのはあまりオススメできません。述べたように、見直したいときに困るからです。

このことは、医療保険とがん保険を考えるときにも同じ考え方ができると思います。

がん保険だけに入るとほかの病気で入院したときに困るので、医療保険にも入りたい、それなら医療保険にがん特約をつけたら一本化できるのではないか、という気がしますが、後々の見直しがやりにくくなってしまいます。

がん保険は、医療技術が進歩して、がんに関する環境が変わっていくなかで、新しい商品が出てくることがあります。実際、以前よりも、がんの治療は入院が減って通院が増えています。それに合わせて、通院保障に重点を置いた商品があらわれているわけです。

気になる保険料の面でも、保障内容にもよりますが、両方別々に入るのと、医療保険+がん特約ひとつに入るのとではそんなに変わらないようです。それなら、見直しのフットワークをキープするためにも、特約にはしないほうがいいでしょう。

▲ページトップへ戻る